年齢を重ねるとなりやすい歯の病気とは何か?

年齢とともに増える口腔内トラブル

必要な口腔ケア

口腔ケアの重要性

口腔内の清潔を保てなくなると、虫歯や歯周病といった病気による口内の不調と機能的な不具合があらわれ、自分の歯でおいしく食事するということに障害が生じてしまいます。それによって食べることの楽しみが激減し、食事によって必要な栄養を十分とることも叶わなくなってしまうのです。
そうならないために、適切な口腔ケアを行うことで口腔内の環境を清潔に保ち、トラブルなく快適においしく食事ができるようになり、口腔機能を維持し回復させることにつながります。
虫歯や歯周病、歯垢などから発生する口腔内の細菌と全身疾患の関連性から、体へ与える影響を知ると口腔ケアの重要性に気づくでしょう。口腔環境を整えることが健康維持に大きく作用することがわかります。

セルフケアとプロフェッショナルケア

生涯自分の歯で満足した食生活をおくるためには、日々の自分にあったセルフケアが重要な役割を果たします。
毎日ただ歯みがきするだけではなく、みがき残しなく歯垢を取り除くために、自分にあった方法で、きちんとみがく習慣を身につける必要があります。
歯周病や虫歯予防として、また治療中のケアとしてセルフケアはかかせません。
歯みがきだけではなく、歯間ブラシやフロスの活用も歯石予防に有効です。
歯科検診を定期的に受診し、専門家による自分にあった歯みがきの方法を指導してもらうとよいでしょう。
とはいっても、いくらしっかり歯みがきをしても、セルフケアだけに頼るには限界があります。定期的に歯科検診を受診し、虫歯や歯周病などの適切な治療を受け、プロによる歯のクリーニングを行うプロフェッショナルケアをあわせることで口腔内の健康維持が可能となるのです。


この記事をシェアする