年齢を重ねるとなりやすい歯の病気とは何か?

年齢とともに増える口腔内トラブル

歯に不調を感じ始めたら

多くの原因は虫歯から

子供から大人まで多くの人を悩ませる口内トラブル第1位は「虫歯」でしょう。
たかが虫歯と思われるかもしれませんが、その虫歯を放置すれば、お口の中で負の連鎖が起こり、歯周病や口臭といったさまざまな悩みを抱え込むことになります。
そして虫歯を長く放置したことによって、さらには加齢による口内環境の変化もプラスされ、大切な歯を損失してしまうことへとつながるのです。
多くの口腔内トラブルは1本の虫歯からはじまるといってもいいでしょう。
歯と歯茎の健康維持のためにも虫歯をつくらないこと、口内の不調を長く放置しないことが大事です。毎日の歯みがきで歯垢、歯石を残さない自分にあったセルフケアを意識づけましょう。虫歯などの不調を感じ取った時には放置は禁物、すぐに歯科医院を受診しましょう。

30代の約8割が歯周病と言われる現実

驚くべきことに、30代の約8割が歯周病の症状があるといわれています。
歯周病の症状としては歯茎のはれや歯みがきによる出血、症状が進行すると歯を支える根元がぐらつき、歯を失うことにつながります。
歯周病は、痛みなどの自覚症状を感じることがほとんどないまま症状が進行するので、気付かないうちにひどくなっていることがあり、歯を失う原因となっています。
歯周病の原因は、歯と歯茎間の歯周ポケットに歯垢や歯石がたまることからはじまります。歯周ポケットにたまった歯周病菌が歯茎を侵し、少しずつ静かに歯を支える組織を破壊していきます。
歯周病はたんに歯が抜けるだけではなく、肺炎や糖尿病、心疾患などさまざまな全身の病気との関係性が分かっています。
また、歯周病は口臭の原因のひとつとなっています。


この記事をシェアする